〜絶版本の宴〜

TOP絶版本の宴

能無しワニ・シリーズ

あらすじ
文明に見放された植民惑星ナインガック。
何をどう間違ったかハリウッド版西部開拓時代の風俗に浸りきっている上に、どういうわけか住人のほとんど全員が何らかの超能力を持っているという、なんとも呆れた辺境である。
とはいえ中には超能力を持たない者もおり、主人公のワニもまた、力を持たない「能無し」。

能無しの悔しさから拳銃使いになったワニが石油ブームに沸く田舎町ダオダ・シティに流れ着くのが第一巻。
ダオダ・シティを牛耳ろうとする黒幕デュラントと、送油管を引くためと称してのっとられそうになるヤング牧場のいさかいに巻き込まれるが……

……と書くとOK牧場の決闘だのシェーンだのを思い出す人もいるかもしれません。

とこう書いてあるのを読んで頷いた貴方、お互い立派な中年ですぞ。たぶん。
若者は西部劇を知らないですからなあ。あ、でも最近は500円DVDで「真昼の決闘」なんぞも出ているから判るかな?

閑話休題。
その印象は別に間違っておりません。狙われる小牧場主(いやちっとも小さくないんだが)に味方する流れ者、町を牛耳ろうとする黒幕はあくまでも悪い奴で、小牧場主は肝の座った頑固な親父、という役者はまあ、たしかにお約束どおり。
しかしこの作品は全部コメディとパロディで出来ているようなものなので、シリアスな西部劇を期待すると泡を吹きそうな気分になれることと思います。
なにしろ、馬のかわりにトカゲに乗ってますし。いやそんなのは大変些細なことなんですが。
あちこちに名作のパロディが埋め込まれていますので、西部劇ファンの方はゼヒお探しあれ。

ああそうそう、もう一つ忘れてた。
ちと助平な話が含まれてますので、スポーツ新聞のご家庭配達版に含まれないページを見て赤面する方には向きません。

スポーツ新聞のエロページにドキドキしていたエロガキ純情なお子様だった頃に買ったものですが、買った理由はご想像に任せます^^;;(N)

この作品の登場するバカいち(と嫌展)

西部劇のお約束はほとんど全部突っ込んであると思いますので略。


書籍データ
作者中井紀夫
発行早川書房(ハヤカワ文庫JA)
発行年昭和62年(1987年)
ジャンルSF
全タイトル
  1. 南からきた拳銃使い
  2. 裏切り砦の拳銃無頼
  3. 恋の拳銃無宿
  4. ワニよ銃をとれ
  5. 続・ワニよ銃をとれ
  6. 荒野のトカゲ・ライダーズ
  7. 遥かなる大渓谷
入手可能性在庫切れ

TOP絶版本の宴
© Copyright 1997-2006 by M.Nakazaki and H.Aida,
All right(s) reserved.